Ponfamily

ポリッシュ・ローランド・シープドッグ専門京都スタンドヒルズ・パパ犬舎のサイト.ポンファミリーへようこそ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
BOOKMARKs
SARCH
カスタム検索
MOBILE
qrcode
PROFILE
リンクバナー
 
学習欲があるがゆえ
JUGEMテーマ:犬の動画

面白い動画を見つけたので紹介しよう。

皆さんのお宅のPONも同じようなことをするのではないだろうか? 

この動画のオーナーさんの手元は映っていないが、

多分、オモチャかトリーツを持っているはずだ(笑)

そのトリーツ欲しさに、憶えた芸を一通りこなしてしまう姿がなんとも可愛い(爆)





PONと暮らしている人ならご存知だと思う。

彼らは、本当に呑み込みが早い犬種であるから、トレーニングも簡単に出来るのだが・・・

学習意欲がある分、コマンドを理解するのも早い! その上、先読みまでしてしまう。(苦笑)


彼らは、コマンドを理解し関連付けるまでに2〜3回の繰り返しで充分なのだ。

飼い主が次々に教えれば、1日のうちに覚えてしまうこともできる。


しかし、『座れ』 『待て』 『お手』 『伏せ』 『付け』 等のいくつかのコマンドを、

完全に教えようとしたら、1日のうちに“あれもこれも”は良くない。

ひとつの事を1週間繰り返し教えることで、完璧にコマンド通りに動くようになる。


非常にIQが高い犬種ゆえ、

簡単に憶えるが、簡単に“ズル”もするようになるということだ。(笑)

トレーニングをする前に
 PONのパピーを育てている方へのアドバイスとして、

*トレーニングする前に、まず、子犬を観察する。

急ぎすぎるトレーニングは、後にトラブルの原因にもなるからだ。

パピー

例えば、私がブリーダーから犬を迎え入れたとする。


私なら、家に来て1週間〜2週間は構わないようにする。

敢えて食事の世話と排便の世話しかしない(笑)

それは、サークル越しに子犬と飼い主が互いに観察し合う時間を作るため。


毎日同じパターンを繰り返すことで、お互いのリズムを理解することができる。

そして、それが信頼関係の始まりにもなるのだ。

2週間も同じ事を繰り返せば、トイレマナーは簡単に入る。それだけで充分だと思っている。


その頃になれば、犬にとっては、その飼い主が「自分に対して安全な人」と判断できる。

子犬でなくても、成犬でも同じであろう・・・

「警戒しなくても良い相手」と判れば、犬は寄ってくるし、接触も求めてくる。

犬自身が触れて欲しいと思ったときは、犬自身から自然に寄ってくるものだから。


それまでの間は、気長に待ってあげても良いではないか。。長い付き合いになるのだから(笑)


「早く我が家に馴らそう!」「早く我が家のリズムを教えよう!」「早くトレーニングしなければ!」

この『早く』は、犬にとっては”押し付け”であって、不信感を教えているようなものだ。


マナーもトレーニングも、シャンプー等の手入れだって信頼関係が無くては上手くいかない。

その信頼関係はコミュニケーションから生まれるわけだ。


決して人間の気持ちを押し付けてはいけないと思う。

全ての予防接種が一通り済む生後4ヶ月までの間、少しずつ信頼関係を作ればいい。

それからトレーニングに入ったって、ちっとも遅くなんかない。

むしろ楽にスムーズにトレーニングできるはずだ。


*子犬は飼い主に合った犬になる。

*その家に見合った犬になる。


もし、今気になっていることや、犬の行動に疑問を持つのなら、

冷静になって、家族環境、犬との関わり方の中で、原因を探してみて欲しい。


リーダーシップは押し付けではなく、信頼関係だということを忘れないでほしい。


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.